NPO法人 楽しいモグラクラブ

災害時のトイレ

就労継続支援工房moleで地震などで断水になった時の、トイレの工夫しました。

発信した文章の下の部分なので見てください。
http://mog.la/node/3251

トイレにゴミ袋を二つ包むようにかぶせてたのは、一枚だったらトイレの水にあたる事や中
の一枚を汚物が下の水の所に落ちない為で、次にトイレに入る人が不安な心でも、
綺麗だったら安心できるからです。

その後、また皆でトイレの後始末などをワイワイ話し合いました。

災害時で断水した時には手も中々洗えないので、ポリエチレンの手袋(ポリエチレンの袋でも良い)
で用を足して、中の汚物が入ったゴミ袋をバケツにかたずける時には、
空気を抜いて縛った汚れていない上の部分を、ハサミで切るとかさばらないで良いのではと工夫しました。
(ここまでは一人一人に遣ってもらいます。写真はその時のものです。)
手アルコール消毒を常備していくと良いです。

工房moleでは、汚物のバケツの置き場所も決めました。
災害時では考えが浮かばないので、いろいろ決めておくこと良いと話が出たのです。
toire1902b.JPG

皆が参加しながら工夫する事は、とても楽しそうでした。

平田は皆が自分だけでなく、多くの人達の役に立つ事を考えて工夫してくれている事に感謝しました。

楽しいモグラクラブの平田です。

添付サイズ
toire1902b.JPG55.38 KB