NPO法人 楽しいモグラクラブ

おにぎり事件

皆で昼食の時に、平田は混ぜご飯のおにぎりと煮物を持ってきていたので、
電子レンジに煮物を入れて温まったので、おにぎりと共に食べようと思ったら、
おにぎりが忽然と無いのです。

「平田のおにぎりが無いどこに行ったの?」と言いながら皆の周りをうろうろしていました。
皆は食べだしても、おにぎりは出てきません。

ふと見ると、そばで混ぜご飯のおにぎりを食べている人が居ました。
良いな~混ぜご飯のおにぎりを食べていて・・・と平田が思って、
その方のおにぎりを入れていた布袋になんと混ぜご飯のおにぎりが入っているではありませんか。

平田は「おにぎり何個持ってきたの」と聞いてみると、「一個です」との返事が来ました。
これで分かったのです。

煮物を電子レンジに入れなければと考えていて、平田は直近の記憶の保存(ワーキングメモリー)が
弱いので、ポンとその方の袋に、おにぎりを置いてしまったようなのです。

平田の持ってきたおにぎりはすでにその方が食べていて、代わりに平田はその方のおにぎりを
とても美味しく食べました。平田や皆は、おにぎりに足が生えたと大笑いをしました^^

小さい時から平田は、ドジばかりして悲しい思いをしていましたが、
ドジをしても和やかに笑ってくれる仲間に平田は有難いと思いました。

皆に会えて良かったと思いました。

追伸、25日はココナッツとチョコのクッキーを皆で作り、皆で笑った後に食べました。
   29日は皆に感謝の気持ちで、食事会に「とり天」を平田が揚げて作ります^^

cookie1801d.JPG

楽しいモグラクラブの平田です。

添付サイズ
cookie1801d.JPG72.67 KB