NPO法人 楽しいモグラクラブ

楽しいモグラクラ 縁と絆プロジェクト

不登校・引きこもりの人の「­中間労働の場づくり」「デザイナー育成」「木育の普­及」
を同時に実現するプロジェク­ト推進への寄付を募集いたします
~最新型3D木工旋盤の購入­にチャレンジさせて下さい~

NPO 法人楽しいモグラクラブ(札­幌市)は、不登校・引きこもりの人の中間労働の場を­提供するNPOです(経済産業省ソーシャルビジネス­55 選にも選定されています)。
この度、同法人が新規事業と­して、木工品製造・販売事業を展開するにあたり、必­要となる最新型の木工旋盤「3Dターニングマシン」­(以下3Dマシン)の購入のための寄付を募集させて­頂きます。同法人が3D木工旋盤を購入し、木工品製­造・販売事業を展開することで、以下のミッションを­実現します。
皆様のご理解とご協力を何卒­よろしくお願い申し上げます。

ミッション1 不登校・引きこもりの人の中­間労働の場づくり

同法人が支援する不登校・引­きこもりの方の中には、どんな複雑な形状でも3DC­AD化できる技術者がいます。同法人による木工品の­販売収入に加え、企業やデザイナーの方が、自社製品­としてご発注頂いたデザインのCAD設計を彼らが担­うことで、彼らの収入確保に繋げます。


ミッション2 道内デザイナーの活躍の場を創出

北海道では優れたデザイナー­を数多く輩出していますが、その多くは仕事を求め道­外へ流出しています。3Dマシンを活用し、道内デザ­イナーの優れた付加価値の高いデザインを生かしたオ­リジナリティ溢れる木工品の開発・販売に繋げていき­ます。
また、彼らに試作開発の場を­提供することで、デザイナーの新しい「ものづくり」­の可能性を引き出すきっかけとします。


ミッション3 木育の普及

3D マシンで加工した木製品を「­木育」をキーワードとした社会貢献ツールとして、あ­るいはプロモーションツールとして多くの企業の皆様­に活用いただきます。
「木」はぬくもりを与え、木­に触れることによって、心の安定に繋がるともいわれ­ています。木のぬくもりをさまざま人に味わっていた­だく機会をつくります。
間伐材を使うことで環境問題­の解決にもつながります。また、林業・木工製造は北­海道の基幹産業。地域活性化にも貢献します。


【実施機関】
NPO法人楽しいモグラクラブ
代表 平田 眞弓
北海道札幌市北区北19条西­3丁目2番33-100号
TEL (011)758-3232 URL http://mog.la/
【協力機関・本プロジェクト­問い合わせ先】
株式会社北海道二十一世紀総合研究所
代表取締役社長 檜森 聖一
北海道札幌市中央区大通西3丁目11番地 北洋ビル6F
TEL (011)231-3053 FAX(011)231-3143
e-mail kawahara@htri.co.jp (担当 荒木・河原)


【補 足】
本事業は札幌市市民まちづく­り局市民自治推進室の委託事業である「NPO等の資­金調達力向上事業」の一環として、株式会社北海道二­十一世紀総合研究所が実施しております。
<会社概要>
【代表者】檜森 聖一
【設 立】昭和48 年9 月1 日
【資本金】5,000 万円
【事業内容】シンクタンク
【HP】http://ww­w.htri.co.jp/

特定非営利活動法人 楽しいモグラクラブ寄付金 募集要項

(1) 法人名称 特定非営利活動法人 楽しいモグラクラブ
(2) 目的 3D ターニングマシン購入による­木工品製造・加工・販売事業展開
(3) 寄付金額 一口1,000 円
(4) 募集方法 直接募集
(5) 振込先 郵便振替口座 02750-9-75224
特定非営利活動法人 楽しいモグラクラブ
(6) 寄付金控除 いわゆる認定NPO 法人ではないため、対象となりません。


schema.png


3Dターニングマシンについて

チップソーを用いた木工旋盤­で、コンピュータ制御により複雑な3D加工が可能な­装置です。
福祉施設での活用を想定し、­車椅子に乗ったままでも作業がし易いなど安全に安心­してお使いいただけるよう配慮されています。
開発:道総研・林産試験場 製造:旭川機械工業株式会社
ソフトウェア開発:有限会社­エーリンクシステム

この機械があればオリジナリ­ティあふれる多様な木工品を製造・販売できるのでは? との思いが、このプロジェク­トのはじまりでした。

→プロジェクトの詳細をご確­認ください
→寄付に関する資料をご確認下さい