NPO法人 楽しいモグラクラブ

みんなのブログ

・可愛さ余って憎さ百倍

人間の感情はじつに複雑、同じ相手に同時に相反する感情を持つ。
親子や恋人など相手への愛情や期待が大きいほどすごくなる。
これが可愛さ余って憎さ百倍
アンビバレンスというらしい。
家の中でこれが渦巻いたら大変。
親も子も鬼のような顔になる。
愛があるからぶつかるのよね。
そんな時ちょっと外の風にふかれませんか。
楽しいモグラクラブはそんな外の風になりたいと思っています。

追伸、
私とサブ(犬)の間がそうです。
    喧嘩仲間で~~~す。
    愛があるから(?)
    ガンつけあっているの~~。

・魂

私の好きな詩です。

海より大きな眺めがある
それは空である
空より大きな眺めがある
それは魂の内部である
    (ビクトル・ユーゴ)

何と大きな世界だろう私達の魂は
世界に一人しかいない自分孤独も悲しみもこの中に
そしてその回りには自由や幸福感が
この大きな魂の中にある
みんな傷つきながらも前へむこう
魂はそれが大好きだと思うから
     (平田 真弓)

追伸、
いちよう詩のつもり

・キャリア

人はいろいろな経験や学ぶ事を通じてキャリアをつけていきます。
仕事やいろいろな事を行っていくうえで、
それが生きてくる。又キャリアにつながる。
いろいろ悩んだ事や不登校や引きこもった人達は
自分達はキャリアが無いので世の中に通じてないと絶望してしまう事が多い。
モグラクラブから出て来たサークルの一番目の
「源げん」(HP)が新聞に載りすごい反響になりました。
これはね、貴方達が悩んだり引きこもった事が
キャリアになったという事です。
私はこれからいろいろなサークルの人達と
話しあいながら貴方達の才能を見つけ、
プロデュースしていきたいと思っていますのでよろしくね。

・手紙

私は話しをするのも好きだけれど手紙を書くのも大好きです。
手紙を書くという事はじっくり頭の中でまとめながらやるので、
ちょっと迷路に入ってしまった頭の中が出口が見つかる事もある。
メールは相手に伝わるのがとても速いけれど、遅い手紙のよさもある。
私はスローな生活の良さを見なおしたいと思っています。
食事もじっくり作りみんなでゆっくり食べるとおいしいね。
でも私は個食も大好きなの
1人で食べるのも楽しいナ~~

・間一髪

毎日同じ日がつづき何事も無く時が流れる。
それがどんなに有難いか、何か事故があったり、
事件があったりしたら思います。
人生で間一髪って事あるよね。
戦争や災害、今は車もいっぱい。
交通事故ならいつ自分の身にも。
若いから年をとっているからというのではなく
身に降り懸かる。
だからこそ一日一日大切にその人なりの生き方で
ちょっぴり幸せを感じれればいいなと思います。

追伸、
世の中にいい事ばかり有ると傲慢になるので、
    3回に1回はヒヤリとする方が安全なのだという人がいます。
    ヒヤリとする事、私の場合
    多すぎない神様!

・はみ出し人間

私は「はみ出し人間」だと思っています。
世の中になかなかあわなかった。
それなら世の中をはみ出し人間に
ちょっとあわせよっと思ったのです。
夢を語りその夢を実現する。
でもその人にあわした動きで、
自己進化、自己増殖しながらモグラクラブは動きます。
迅速で柔軟、でも放任にならないように気をつけよっと。
みんなボチボチ能力を私の夢にかして下さい。
よろしくね。

追伸、
このごろ甘い物が食べたくて
    体もはみ出してきた
    ゲ~~~~

・源

私的なサークルの一番目に源が入ります。
彼等は楽しいモグラクラブの本部であり、
いろいろなプロジェクトをささえてくれます。
どちらが上とか下とかではなく本部も又
アウトソーシング(外部委託)していきます。
これからいろいろなプロジェクトのホームページが
出来てきますので楽しみにして下さい。
彼等や別のプロジェクトチームが北斗七星に
(小っちゃくても)なってくれればと願っています。
1人1人が起業家として人間らしく
自主性をもって働いていこう。 
夢に向うゾ~~~。

・かぜをひきました

私かぜをひきました。
元気な人間て病気にならないと有難みが分らない。
親子、夫婦、会社、健康、あるのがあたりまえになっている時、
ちょっと変化があると有難いと思えてくる。
親子、夫婦、ちょっと喧嘩もエッセンス。
でも有難いと思わないで喧嘩しちゃうと無くなってしまう。
自分のまわりに普段あたりまえと思える人や思える事を大切に
感謝してやっていきたいな。

追伸、
鬼の霍乱というらしい。
    私がかぜをひいたのは、
    鬼だって病気になるのだ~~。
    私は赤が好きだから赤鬼がいいな~~。

・男という字

女という字はいろんな字に変化して読まれているよね
(好きだとか嫌だとか)
でも男という字は私の乏しい漢字能力で思ったのだけれど、
変化して読まれている事ってあったかなって。
女性の強さは草のようなもの。
男性の強さは木のようなもの。
台風が来ると、草は弱そうに見えて風にさからわない。
木は風にふんばってしまうので、ときどきボキッと折れる。
昔から男性は補強しなければ折れちゃうので偉いと言われつづけているのかもね。
漢字って面白いね。

・女々しいという字

女々しいというと辞書でひくと、メメしいと読むらしい。
女々しいという字を私の頭では、オオしいと読むのです。
だって女って弱い存在だって思えない。
男性は短距離ランナー、女性は長距離ランナーだけのこと。
特に幸年期になったおばさんは強い。
これからの世の中こんなおばさん達で動いていく。
そんな感じがします。
ピラミッド型のネットワークではなく、水平型のネットワーク。
元気なおばさ~~ん、この指とまれ、
世の中変えようね。