NPO法人 楽しいモグラクラブ

みんなのブログ

・勝利への三大条件

「天に逆らわず、時に逆らわず、人に逆らわず」
これは勝利への三大条件なんだって。

天とは必然の法則というものらしい。
時とはグットタイミング。
人とは人間関係がうまく作動する事。

各々(おのおの)その能に因(よ)りてこれを用う。

これはね得意とするところ能力に応じて
その力を発揮させるスペシャリストチームを作ると
いいよって言っているんだって。
昔の中国の人はいい事ゆうね。

・人物の鑑定

戦国時代の魏の国の宰相であった李克さんが
人物を鑑定する時に基準にしたこと。

1.不遇のとき、誰と親しかったか
2.富福なとき、誰を救ったか
3.官位に立ったとき、誰を抜擢したか
4.窮地に立ったとき、不正を行わなかったか
5.困ったとき貪(むさぽ)り取らなかったか

日本人の中でこの鑑定でオーケイ出る人何人いるかな?
私達は、そういう目で見られている事、
ちょっと考えて生きていきたいな~~~

・参謀型人材

参謀本部というのはドイツから始まったんだって、
ビスマルクというビジョンを持ったリーダーと
モルトケというスタッフとして緻密な頭脳の持ち主がいて
スムーズにいったそうです。
モルトケという人は文学的な人間だった、
人格的に物静かな人で、非常に静かな生活だったそう。
静かな人間というのは遠くのことを考えることができるんだって。

「世の中につき合っていると自分の時代しかわからないが、
孤独に引っ込むとすべての時代がわかる」
孤独の生活からくる遠視性、見通しのよさなのだと思う。
モルトケは「作戦の神様」で冷静な現実派だったそうです。
勝利してものぼせない。
引きこもりさん、参謀型人材は貴方ではありませんか?

・テリトリー

動物ってテリトリーがあって、親子、夫婦、仲間の中で
仲良くする、生きていく為に必要な距離が有るんだよね。
人間も動物、どんなに親しくたって、そこそこの距離がいる。
特に親子、夫婦、恋人は危ないね。
自分のもの(?)って思っちゃう所がある。
そこそこの距離、疲れなくていいかなって。
だけど私がいつもテリトリーを守れるかって事、
けっこう難しいなって思う事がままあるんだわ~~
人間は完全ではないからね。

・好きな詩 ②

私の好きな詩です。

「崖っぷちまで来なさい」と彼は言った
「いや恐い」と彼らは言った
「ここまで来なさい」と彼は言った
彼らは来た
彼は彼らを押した
そして彼らは飛んだ

    ギョーム・アポリネール

彼も彼らも1人の人間の中にあるものかも
彼はもしかして自分の意志
自分で動こうとする力
みんな飛ぼうぜ~~~

追伸、
私は崖っぷちが大好き
    崖がなくなると又登っちゃう
    人生のギャンブラー
    楽しいな~~

・好きな詩

私の好きな詩です。

あなたのこどもはあなたのこどもではない
彼等は人生の希望そのものの息子であり娘である
彼等はあなたを通じてくるが
あなたからくるのではない
彼等はあなたと共にいてもいいが
彼等はあなたのものではない
あなたはかれらに愛を与えてもいいが
あなたの考えを与えてはいけない
なぜなら彼等は自分の考えをもっているからである
あなたは彼等の身体を家にいれてもいいが
彼等の魂を入れてはならない
なぜなら彼等の魂をあなたは訪ねることも
出来なければ
夢の中でさえ訪ねることの出来ない明日の家に
住んでいるから
あなたは彼等のようになろうと励んでもよいが
彼等をあなたのようにしないようにしなさい
なぜなら人生はあともどりもしなければ
昨日とともにためらいもしないから
あなたは弓であり
あなたのこどもは生きている矢として
弓から放たれている
         (カリール・ギブラン)

・私的なサークル

モグラクラブのこの指とまれのプロジェクトやサークルは
楽しいモグラクラブの一員として動く形になると思います。
そして、その中で私的な仲間がサークルを作り、
いろんなチャレンジをしてくれればいいなと思います。
遊びに、仕事に、チャレンジし大きく広がる。
私はこういう私的なサークルプロジェクトを応援したいな。
自分の意志って素敵だよね。
気のあった仲間と楽しもうよ。
人生は一度、苦しい事も有るけど、
楽しい事も仲間がいると倍増するかも。

・老子さんの言ったこと

老子さんが言ったそうです。

すべての人を助けたうえで
自分もいっしょに得をする
すべてを人にあたえたうえで
自分もいっしょに多くなる
だから天の道は利して害(そこな)わず
聖人の道は為(な)して争わない

もしもし老子さん「為して争わない」って何?
辞書では、為は因縁によって生ずる現象だそう。
無心や無私、突き詰めたら無為って事なのかな?
私ね、分からない文章が出て来たら絵のように見るの、
学者じゃないから心で読んでそれでいい。
なんかいい感じだよね。

・アメーバーのように ①

これからの楽しいモグラクラブは何をやりたいか、
何をすべきかをかたらいの中で先見性や価値があるかどうか見わけて、
ビジョナリーカンパニー(先見性のある企業)を目指したいな~
完成は崩壊に通じるって事あるでしょう。
続いて欲しいので本部をもうけてやりたい事を
この指とまれって感じのプロジェクトチームを作るの。
一つが完成し終ったら又別のを作る、
破壊と創造を繰り返す、つまり新陳代謝をよくするって事かな。
本部も上だとか下だとかではなくてね。
みんな先見性のある事しようよ、この指とーまれ

・アメーバーのように ②

このごろ中国の古典にとても興味があるのです。私(肩)こりしょうなので。
司馬遷の「史記」に「新しい国が誕生し発展して覇者となり天下を治めると、
必ずへつらう者が権力者のまわりに集まり国は硬直化、官僚化して、
新興勢力に滅ばされていく」これは「人間の営みにおける原理原則」らしい。
成功経験はともすればそれだけすればいい、形がととのえばいいという事になる。
楽しいモグラクラブはビッグカンパニーではなく
グッドカンパニー、ビジョナリーカンパニーを目指したい、
だからこそ、アメーバーのように「人間の営みにおける原理原則」にのっとって
新陳代謝をいっぱいしよっと。