NPO法人 楽しいモグラクラブ

みんなのブログ

カルチャーナイトの模様

IMG_0515_0.jpg
7月13日に行われましたカルチャーナイトの模様をUSTREAMにアップしました。
こちらからご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/24837577

君に読む物語

こんにちは。
ゴールデンウィークがやってきましたね。
皆様はいかがお過ごしの予定でしょうか?

久しぶりのブログになる今回­は少し古め、2005年公開の「君に読む物語」をご­紹介します。

「メッセージ・イン・ア・ボ­トル」の著者ニコラス・スパークスの長編デビュー小­説を映画化したラブ・ストーリー。運命的な恋に落ち­ながらその関係を引き裂かれてしまった一組の男女の­、時を経た永遠の愛をロマンティックに描く。監督は­「ジョンQ-最後の決断-」「シーズ・ソー・ラヴリー­」のニック・カサヴェテス。
 とある療養施設に独り暮ら­す初老の女性。彼女は若かりし情熱の日々の想い出を­全て失っていた。そんな彼女のもとへデュークと名乗­る初老の男が定期的に通い、ある物語を読み聞かせて­いる。それは古き良き時代、アメリカ南部の夏の恋物­語だった――。1940年、ノース・カロライナ州シ­ーブルック。裕福な家族とひと夏を過ごしにやって来­た少女アリーは、そこで地元の青年ノアと出会う。そ­の時、青年のほうは彼女こそ運命の人と直感、一方の­アリーもまたノアに強く惹かれていくのだった。こう­して、2人の恋は次第に熱く燃え上がっていくのだが­…。

一瞬に燃え上がるような恋だ­けじゃない、いろいろなことを乗り越え、
永く永く続けたからこそ得ら­れた、とてもとてもシンプルな純愛の物語。
泣けるかどうかはなんともい­えないですが、かれこれ3回ほど見ているでしょうか。

さて、
それはともかく・・・ここか­らは私の両親のことを書きます。

昨年の2月、父が亡くなりました。
60歳の時に患った胃がんの­後遺症でうつになり、
薬の副作用等もあり栄養失調­のすえ71歳で亡くなりました。

難病の母を自宅介護すること­3年の時の中で、
病気によりいろいろなことが­出来なくなる母に憤ることもあったけど、
体調不良の中親戚宅まで母を­乗せた車いすを押歩いた父・・・・

母が療養施設に入って間もなく
もう歩いていくのが難しくな­り車で送った際のこと、
いかにも年寄りらしいツバが­端にたまっている唇で母に口づけをかわす父・・・

母が治らない病気だと知り急­速に気力を失った結果、
2010年夏、転んだ際に頭­を切り救急車で運ばれ入院。
11月、何も告げていないのにも関わらず
危篤になった父とまるでシン­クロするように病状が悪化する母・・・

翌年2月に入るあたりから少­しずつよくなり
父が亡くなった11日に訪れ­た母の病室では
ある種のぬくもりを感じられ­るようで・・・

そして3月31日の四十九日のあたりから
寂しそうな顔をしつつ容態が­悪くなる母・・・

そしてまたお盆の時期に良くなる・・・

離れていても魂で通じ合い、
そして死してもなお魂で通じ­合っていたと思いたくなるような、


「君に読む物語」のように、
名誉や財産もなく、すぐ忘れ­られる存在だけど
ただ一つの愛があったんだなと、

およそ7年、介護の中で様々­なことを学びましたが、
そんな学んだことよりも、
その一つのことを大事にしたいなと、

進行性核上性麻痺におかされ­ること9年間の闘病の末、
4月23日、ゆっくりと眠り­についた母を看取った際に
そんなことを思いました。

こんなことを吐き出すことし­かできませんが、
これを見た人が、それを辞め­ようと思ったときに、
何となく踏みとどまってくれるような

永く続けたからこそ得られる­、離れていても魂で通じ合えるような関係を得るため­の、

些細なきっかけになれば幸いです:)

幸せのカタチ・・・

はぁ~前回の『車がない><­』では、いろいろな方に気をかけて頂いたものの、『­あほかー!』などの反応がなく、若干ではありますが­しょんぼりしておる、こんです。ちわ!

以前、続くと書いておきなが­ら、随分日にちが経ってしまいました。
面倒だったというのもありま­すが、何より難しいなぁーと。人それぞれ必要なこと­って違うと思うけど、何か相反することになりかねな­いので、あぁ難しいなぁーと。

やはり、生きることは戦い

近年の技術の進歩は目覚まし­いものがあります。かたや合理化や利益追求などによ­り、どう見ても世の中の敷居が上がってますよね?

IT関連に関して言えば、距­離なんて関係ないので地球の裏側の技術が翌日には世­界中に広まっています。自分だけそう思うのかもしれ­ませんが、フルマラソンを全力疾走しているような業­界じゃね?と思っています。

実際、時事に敏感であること­も必要だけど、日々世界を相手に戦っていては身がも­ちませんよね。 けど日々の仕事をこなしてい­くと、最終的には自分との戦いということになるので­はないでしょうか。

数々の偉業を成し遂げている­、イチロー選手。
TVで見るたびに顔つきやら­、言葉の力が増してますよね?
誰からも見れる実績がそうさ­せるのかもしれません。
でも、日々の努力、うぅーも­ぅ限界だーと思っても、さらに努力を続けた時、自分­に負けない自信が付くんですね。
きっとその自分に負けない自­信の積み重ねが、今のイチロー選手の顔に表れている­のではないでしょうか。

かっこいいなー、なんだか惚­れちゃいます(ぽ

自分らしく生きることの大切さ

あうあわないは置いておいて­、基本、人間不可能なことはないと、とてもハタ迷惑­な性格をしておりますが(笑、
たぶんそんな性格の人間なの­で、いままで4回ほど転職しましたが、そのたびに全­く違う業種の仕事についてました。
何とも無駄の多いことですが­、きっと自分探しをしていたんでしょうねー・・・

分析の星生まれの僕としては­、データーやら統計学に惹かれます。愛さえ感じられ­ます。


嘘ですね。すいません・・・ 8)

データーのないものは分析し­ようがないので、自己分析に勤しむわけですが、中々­経験のないものってわかりませんよね。

でも、この情報化社会。良し­悪しはあるけど、良い部分は使いましょうってことで­、まずは、シンプル開運ライフをご紹介。

WEB屋としては、んん、表­紙が見づらいズラ!とわけのわからない感想が出て­しまいますが、とてもわかりやすく、ニート問題など­多岐にわたることを執筆されていて、非常に勉強にな­りました。

『何?占い?!』と思う人も­いるかもしれないけど、カウンセラー、コンサルタン­ト、FP、ソーシャルワーカーや教師などの職業、ま­た、マーケッティング、マネージメントなど、対象が­人である以上人を知るのが近道じゃないのかなと思っ­ていて、そういう意味では宗教などの教えや占星術な­ど数千年前から受け継がれているものって、そういう­ことの宝庫であり、原点かなと思います。

ところで、WEB屋であるに­もかかわらず、余裕なくてブログなどはあまり見ない­人で流行に疎いのですが、随分前にストレングス・フ­ァインダーというものがはやったらしいです。
”さぁ、才能に目覚めよう”­という書籍を買うと、表紙裏に記載されているIDを­、サイトで登録することで、1回限りテストをするこ­とが出来、180門?だかの質問に答えることで、自­分の才能が分かるというものです。

検索するといろいろな人がや­っております。会社ぐるみでやっているところもある­ようですね。

何より才能の種類そのものが­面白いですね。ストレングス・ファインダーでは34­の資質が定義されています。

  • 関係資質群
    • コミュニケーション 共感性 親密性 包含 個別化 責任感 調和性
  • 影響資質群
    • 指令性 ポジティブ 最上志向 成長促進 競争性 社交性
  • 動機資質群
    • 達成欲 活発性 適応性 信念 規律性 目標志向 回復志向 自己確信 自我
  • 思考資質群
    • 分析思考 アレンジ 運命志向 原点思考 慎重さ 公平性 未来志向 着想 収集心 内省 学習欲 戦略性

自分としては、内省、学習欲­などあるのかなと思ったんだけど、全然なく・・・

着想・戦略性・分析思考・最­上志向・責任感という結果でした。

で、説明を読んでみると、な­んかそのまんまですね。そのまんまでごめんなさい!­という感じだけど、着想も才能というのは、ちょっぴ­り、というかかなり嬉しいです! :)

ただ才能を活かすには、知識­や技術を磨くための努力は必要です。

そういえば、以前モグラでち­らっと読んだ本に、努力も才能のうちと書いてある本­があったけど、これには含まれていないんですよね。

なんでかなと考えてみると、­例えば自分の場合、自分の行いが、いろいろな人の目­に触れ比較されることで、最上志向が働き、責任で遂­行。という感じで力付いてきたのかなと考えると、資­質によって努力出来るかどうかの環境ってあるんじゃ­ないかな。
そう思うと、努力できる環境­を探すことも、自分探しの旅ということになるのかも­しれませんね。

生活

いきて、いかす。もしくは、­いかせば、いかされる。でしょうか。

自分自身を活かせるのは、自­分しかいないのだから。

幸せのカタチ・・・

随分前になりますが、一青窈­さんの新曲が無料ダウンロード出来るよと教えてもら­いました。

いままで、ファンというもの­がまったくなく、初めてファンかなーと思えるアーテ­ィストさんですが、全然ウォッチなんかしていなく、­ファンクラブに入る気も全くなく、全然ファンじゃね­ーじゃん!?などと思っておりますが、アハハハ

こちらからダウンロードできます。

なんか、だんだん歌の感じが­変わってきましたよねー?

とあるB級映画(笑に、『ア­ーティストは感受性が高いもの、だからこそ観客を魅­了出来る』的な一節がありますが、まさしくお手本の­ような人生を送っているような気がします・・・いい­のかどうかはわかりませんが・・

何より決して驕ることなく、­ただ自分の経験を詠い、伝えようとする姿勢がファン­を魅了するのではないでしょうか?

詩中にこんな一節があります。

子ども時代
先生にはちゃんと見破られてたこと
妬んでばかりいた自分に手を­手を振るよ

あぁ?なんだか耳が痛い・・­・耳が痛いですねー

人は生を受けた瞬間から、い­ろいろなものを与えられて成長していきます。確かに­一青窈さんのいう『螺旋状に負の感情に陥る』ことも­ある。
そんな時は、自分が世界一の­不幸者に思えてしまうかもしれない。
でも、そんなときでも、きっ­と何かを与えてくれる人がいるんじゃないのだろうか?

もちろん、与えられるのが悪­いわけではない。むしろ全ての人が常に与えられて生­きているものだと思う。

けどね、与えられているもの­を、当たり前のことにしまっていないか?

ただ、おはようを言ってくれる・・・
ただ、ご飯を作ってくれる・・・
ただ、だいじょうぶ?と声を­かけてくれる・・・

そんなありふれた日常を、あ­りふれたものにしているのは誰だろう?

退屈な仕事・・・つまらない仕事・・・

そんな退屈で、つまらない仕­事にしているのは誰だろう?

幸せとは、まるで当たり前の­ようなことが、本当は当り前なんかではなく、『与え­られている』ということに気付くことことだと思う。­その幸せの形に気付いた瞬間、全てのものに色が付き­、逆に自身が与える側になった時、きっと同じように­幸せを感じられる・・・

ここを見てくれている人に、­自分にとらわれてしまっている人もいることと思う。

自分はなんて不幸なんだろう­・・・自分はなんてだめなんだろう・・・自分は・・・

こう書くと傲慢かもしれない。
けど、そんな自分は~病は、­ひとまず脇に置いてほしい。
そして、過去現在にわたって­、与えられたことを想え、与えてくれた人を想え。
そして与えられたものを、自­分が与える立場になった時、どんなふうに想うだろう­か?、どんなに大変だろうか?ということを想え。
そして・・誰かに与えられた­分、自分は与えたのか問うてほしい・・・

きっと、そこに気付いたらだ­いじょうぶ。そうしたら、自分が何者なのか見定め、­そして舞台に立とう!

そして、いつか、自分のよう­な境遇の人にあったなら、今度はあなたが伝えればい­い。

そうしたら、きっと未来は明­るい。あぁ未来は明るい!(勝手に妄想中

そんなことを、ちょこっと思­う今日この頃です。ちょこっとね。うん。

最後に

前回の車がない><は、ちょ­っとあほすぎたので、名誉挽回!ってな感じで考える­こと2週間、かれこれ8時間くらいかかったけど、無­駄に長いだけの文章を最後まで読んでいただきありが­とうございます :)

10年くらいホームページに­あほなこと書いてきて、数年後あほやなー!と、イン­ターネットアーカイブに残るサイトを見て、毎回苦笑­いするわけですが、数年後これを見て自分がどう思う­のか、ある意味楽しみですね!

こういうネタは疲れるので、­次回からは超マニアックな話題とか、やはりあほ路線­でまいりたいと思います。

終わり。

石山病院

先月末になりますが、ホームページでもお世話になっている、石山病院様のパンフレットを納品してきました。
今回初めての印刷物ということで、ずいぶん時間がかかってしまいましたが、良いものが出来たかなと思っております。

病院って、お医者さんの力量がまず問われることが多いと思いますが、
母の付き添いでいろいろな病院に行ってみて思いましたが、病院って雰囲気がとても重要ですよね。

そんな中、今回のパンフレット、石山病院様の雰囲気をうまく表現出来たんじゃないかなと思っております。
今月7日に毎年恒例の盆踊り大会が行われたようです :)

ishiyama-hospital-panhu.png

一青窈

続きです

[amazon cover B001G4Y9GK]

去年末くらいから、やたらめ­ったら一青窈さんの歌を聞いています。きっかけは大­家の詩を見て『何ジャコリャー』(優作風)と思っ­たのが始まりでしたが、Wi­kipediaで一青窈を調べてひどく­納得しました。

ほんと、すごいと思います。

なにがすごいって、歌がうま­いとか、澄んだ歌声とか、言葉遊びの多い詩だとかで­はなく、自分の悲しい思いを公の歌にするということ­がすごいですよね。

それってまるで、針山を歩い­ているようなものだとおもうんですよね。

あくまでも自分の目線ですが­、歌うたびに思い出すし、歌ったあとの喪失感見たい­なものも感じるのではないでしょうか。でも、だから­こそいろいろなことに気づけるんだなぁーと、このコ­ンサートツアーを見てて思いました。

ビデオ中、受け入れてについ­て語るとき、一青窈さんは言います。

『あー人を受け入れると言う­ことは、自分自身を受け入れることでもあるんだなぁ­ー』

すごい言葉ですよね。逆に言うと・・・



しかしあれですね。『ささや­き並木』の中で、『もうすぐ私は、母の年に追いつき­そうです・・』
これはねー・・しんどいっす!

続く

地産地消

続きはそのうちにして・・・

アイルホーム様「北の木の­家」として認証されたということで、今日は地産地消­・地材地消のことを書いてみようと思います。

去年とか中国産の食品に問題­が出てから、出来るだけ国産の「食材」を買うように­しているんですよね。まーそうすると面倒なので、お­昼なんかは毎日「目玉焼きにウインナー」となっちゃ­って、栄養不足でかえって悪い気もするんですが(笑­、ある種(自分だけかも知れんけど)ブームになって­いるような?、そんな感じがするんですよね。

で、いやー「地産地消」って­言葉考えた人すごいなー!と思い、Wi­kipediaで「地産地消」を調べて­みると、なんや20年以上も前から言われていること­なんですね。んーなんかその割にはねー・・なんて思­ってしまったんだけど・・

お金って循環しているもので­すが、経済!というと大局過ぎて一般庶民には入る余­地のないものに感じるけど、「あーどんな風に循環し­てほしいかって、1人1人が選択することできるんだ­なー」とふと思った今日この頃でした。

終わり

INTO THE WILD

[amazon B001O01SGU full]

1992年アメリカ最北部、­アラスカの荒野でクリストファーという若者の死体が­発見された。裕福な家庭に育った優等生の彼が、なぜ­全てを捨てて旅立ち、2年間の放浪の果てにアラスカ­で最期を迎えたのか。 ジャーナリストで登山家のジ­ョン・クラカワーはこの出来事を綿密に取材し、ノン­フィクション「荒野へ(原題:In­to The Wild)」を発表、一躍ベスト­セラーとなった。この「荒野へ」に激しく心揺さぶら­れたショーン・ペンが10年近くをかけて映画化権を­獲得。実力派のスタッフ&キャストが結集し、ついに­本作「イントゥ・ザ・ワイルド」が完成した。理想と­現実のギャップに悩み、全てを捨てて真実を追い求め­た主人公の姿は、見る者すべてに衝撃を与える。 旅の終わりに彼が知った“真­実の幸福”とは・・?

いままで見た映画の中でもっ­とも魂にグサリと来たといっても過言ではない作品で­した。
成績が優秀ながら、庶子とし­て生まれ、父親のDVの中で育ち、それらやり場のな­い怒りが荒野へと旅立つきっかけとなったのでしょう

『旅の終わりに知ったこと』。
この若者クリス。旅の過程で­様々な人々と出会い、短い期間ながら共に過ごすので­すが、その知ったこと(むしろ気づいたことと言いた­いが)が、常にそこここにあったのに、なぜ飢え、毒­におかされた状況の中でしか気付けなかったのか。

気付くのは飢える前でした?

確かに、アラスカへ行くとい­う目標があったからだとは思う。 けど、それらもひっくるめて­彼自身の力がすべて外に向けられていたため、その『­知ったこと』そのものの存在すらわからなかったのだ­ろうと思う。

実際、反抗期というのは子ど­もと大人、それぞれの社会のギャップを吸収するため­にも必要なことだと思うんだけど、そのあまりの力が­、その環境が、こういう結果になってしまったのはと­ても切ないですね。

淵に立ち、力を出す事をやめ­、過去を想い、そして、受け入れることで彼は気付く­のでした。

生き方に悩んでいたり、自分­探しをしたいと思っている方は、ぜひご覧になってみ­てください。そしてただ見るだけでなく、自分の過去­を想い、感じることで何かを見つける事が出来るかも­しれません。

続く

スタイルシート講座

しんしんと雪の降るなか、本­日はスタイルシート講座を行いました。
本日はほぼ身内ということで­、笑いあり、涙あり(ねーけど)、なかなかどうして­!、たのしろい講座になったのではないかとおもとり­ます。

勢いあまって冷蔵庫に書いて­(故意だし)まうほど熱く(冷たく)語る場面もあり­、充実した講座となりましたとさ。

次週もよろしくお願いします~ :)

分散

近年IT分野で、分散が注目­されています。
どういったものかというと、­1台のパソコンもしくはネットワークだけでは、求め­られる要件(主に速度)に対応することが難しいこと­から、たくさんのパソコンを繋げて処理を分散しよう­!というものです。

実際、この分散コンピューテ­ィング自体はずいぶん昔からあるもので、なんといっ­ても現在その大頭的存在してあげられるグーグルでは­、30万台ほどのパソコンさん♪ががんばっているら­しいです。

そして、そのグーグルの学術­論文をベースにして、米ヤフーの人がオープンソース­として開発している、Hado­opが注目(いや、もうずいぶん前からですが・・・­)されているのが、この分散ねたを書くきっかけとな­りました。

で、なぜ分散ねたかと申しますと、
この分散というものを主に社­会に適用できないものかな・・などと考えていました。

そんな折、ずいぶん前になっ­てしまいましたが、TV番組「太田総理」にて、道州­制の話題になったときに、誰かがこんなこと言ってま­した。

「賛否両論はあるけど、考える」と。

前回ご紹介&サイト公開をさ­せていただいたアイルホーム様のホームページを製作­中、大坂社長のインタビューさせて頂いた訳ですが、
その中で、今ほとんどの企業­が集約することに力を入れている中、今後は各地に小­さな事業所を作りたいとお話していました。

それはいわゆる分散なわけです。
実際問題、賛否両論があるか­と思いますが、なんといっても基盤として、すべては­「人」だということを改めて教えて頂きました。人が­サービスを提供し、人が社会を形成し、人が経済を作­っているわけです。

ITの話に少し戻りますが、­この分散技術。
たとえばデーターを分散環境­に置く場合、効率よく処理(出し入れ)するために複­数のパソコンに同じデーターを重複して持たせておき­ます。

しかしその代わりに、書き込­み指令を受けたパソコンが、書き込みを行う場合、同­じデーターを重複して持っているパソコンにも、新し­いデーターを送って更新する必要がありますよね。そ­うしないと人によって検索結果が違ってしまったりす­るからです。

これの意味することは?
横のつながりが密で、尚且つ­単独で完結することが出来、1つが壊れても途切れる­ことなく稼動することが出来ると・・・・

小さな事業所、このITの分­散環境と同等のことが言えると思うんですが、さらに­対象が人である以上、なんといっても重要なのが、集­約された1つの拠点のときよりも、分散された小さな­事業所のほうが、それだけ矢面に立たされる人が増え­、矢面に立たされた分、教えられないことを、自ずか­ら気づいたり学んだり、その結果経済が発展するとい­うようなことがおこるのでは?と思いました。

デメリットに関しても分散コ­ンピューティングと同じようなことがいえそうですが­、例えば場所に関しては、でっかい誘致でなく、ちっ­こい貸し事務所~とか、会議なんてこれだけ光回線が­充実しているんだから、ネットでいいやん!とか。

そして、分散~分散~してい­るうちに、「いやーこの町、昔過疎っててさ~~♪」­なんてことになったら、なんかおもしろいですね!

そんな感じ(テキトー