NPO法人 楽しいモグラクラブ

・危機監理能力

自分ではどうにもならない事有るよね。
自然は特にそう、地震、津波、台風、冷夏、まだまだいろいろ。
人間は地球におかしてもらっているだけの存在なのだって、
だからこそ戦争やいろんな事で地球を駄目にしちゃいけないね。
ただ天災も人災も危機監理がきちっとしていたら
最小限に被害が食い止められると思う。
マニュアルも作ることも大切、でも災害はマニュアルどうりにいかない。
その時の判断それによって人の命も助かる時も有る。
何か有った時、指導的立場の人は現場にすぐ行き指揮をとる、
現場を見ずして動けるわけがない。
それにみんなに安心感をあたえられる。
これからの日本の指導者に求められるのは、そういう事かもね。
そしてみんなも力を合わせて危機をのりこえる。
これは家庭にもいえる事かもしれないなって思います。